幼稚園教諭を目指す方へ 採用のご案内

幼稚園教諭を目指す方へ 採用のご案内

先生からのメッセージ

子どもたちとの何気ない会話に「先生になって良かった!」「今」を大事に、前を向いて楽しみたい!

Q.幼稚園の先生になった理由を教えてください。

 私は幼い頃、保育園に通っていたこともあり、「将来は保育士になりたい」と思っていました。そのため、早く現場に出られる短大に進学して保育士を目指したのですが、実習で行った幼稚園の先生に、「あなたは幼稚園のほうが向いているのでは?」と言われたのです。もともと、保育士と幼稚園教諭のどちらの資格も取得できる短大だったので悩みましたが、幼稚園での実習がとても楽しかったので、幼稚園に入職することに決めました。

Q.幼稚園のどんなところが自分に合っていると思いましたか?

 幼稚園には保育指導のカリキュラムがあり、スケジュールに則って指導を行います。毎日、内容の異なるカリキュラムを実施することが、私にはとても新鮮で楽しそうだなと思ったのです。
 短大を卒業して玉造幼稚園に入職すると、まずは3歳児(ありんこぐみ)の担任になりました。担任になることに不安はありましたが、補助教諭がベテランの先生だったので心強く、分からないところは聞いて、あれこれ模索しながら無事に務めることができました。1年目でしたから失敗もありましたが、自分で考えたことが実行できて、やりがいを感じながら経験を積むことができたのは大きな収穫です。副担任からスタートせずに担任からスタートできて良かったと思います。

Q.幼稚園の先生になって良かったと思う瞬間はどんな時ですか?

 指導の計画通りに進めなくてはならないという責任を感じて精一杯な部分が多々あるのですが、子どもたちと一緒に外遊びをしたり、お昼ご飯を食べながら何気ない会話をしたりする時間が楽しいです。そんな時、「子どもたちはかわいいな」「幼稚園の先生になって良かった」と感じます。

Q.リフレッシュはどのようにしていますか?

 仕事上でのストレスはためないように、休日は外出をするようにしています。家にいるとついつい仕事のことばかり考えすぎてしまいますから、あえて外へ出るように心がけています。月に1回、大学時代からの仲良しの友人たちと定期的に集まることにしていて、仕事のことだけではなく、皆で楽しい話に花を咲かせてリフレッシュしています。

Q.働き方について心がけていることはありますか?

 まだ、仕事に追われて効率の良さを考える余裕がないのですが、常に優先順位を考えて、仕事に取り組んでいます。幼稚園教諭として働くには、1に根気、2に後へ引きずらない考え方、3に楽しむ気持ち、が大事だと思っています。失敗もありますが、くよくよしていたら子どもたちにも伝わってしまいます。気持ちにきちんと区切りをつけて前を向くこと。そして、子どもたちと一緒に楽しもう!という気持ちを持ち続けることが大事だと感じています。
 私自身の抱負は『時間を大事にする』ということ。自分の人生は限られていますから、今を大切に精一杯過ごしていきたい。その上で、園の子どもたちと過ごす今も大事にしたいと思います。

page top